Entries

SBCUにて勉強して参りました。

こんばんは、三浦です!


さてさて実は私、三浦は先月上旬の3日間、スペシャライズドジャパンにてSBCUを受けて参りました。SBCUとは、スペシャライズド バイシクル コンポーネンツ ユニバーシティの略称です。
スペシャライズドの創立から今日までの歴史や最新のロード3種のターマック、ベンジ ヴァイアス、ルーベの特徴、スペシャライズド製品の特徴等、スペシャライズドのことを学んで参りまして、実際に全身スペシャライズドでコーディネートしロード3車種も1日1車種試乗しました。
IMG_5671.jpg

創立者のマイク・シンヤードが地域の自転車屋へパーツ配達とフリーマーケットでオリジナルカスタムをした自転車販売から始まり、供給したいタイヤの生産元の生産が遅いという理由で自分たちでタイヤを作り供給したのがSPECIALIZED本格スタートです。今でもこだわりのタイヤを作り続けています。
その後、ヨーロッパにて皆さん聞き覚えのあるチノ・チネリから自転車のパイプを取引しオリジナルで作った、現在でもラインナップされている「STUMPJUMPER」です!
ちなみにスペシャライズドのイメージカラーが赤の理由は、マイク・シンヤードがただ単に「白いシャツが嫌だから」というのが理由で派手な赤が採用されたらしいです。店長がたまに着ている赤いシャツはまさにスペシャライズドのシャツです。

スペシャライズドに関してまだまだ話したりませんが、ここでいったんロードバイクの方へ話をシフトチェンジします。
ロード3車種それぞれ特徴がありますが、今回は2017年モデルで大胆リニューアルしたルーベに関して簡単にご紹介させて頂きます。
これが噂の「フーチャーショック」と言われるハンドル部にある減衰装置です。
IMG_5807.jpg
これは、地面からの衝撃をマウンテンバイクのようにタイヤ側で減衰させるのではなく、ハンドル側で減衰させるかなり斬新なシステムです。
このようにすることによって、タイヤからヘッドまではロードバイクのままで、ヘッドから上部の身体に衝撃が伝わる直前の、走行性能に左右されないハンドル部に減衰装置を置くことで、
スピードを落とさずに衝撃のみを緩和させられるのです。

実際にグラベルロードといわれるオフロードを試乗してみて、身体への衝撃がかなり少なかったです!また、通常の道路では、ちょっとした窪みや段差はまるで感じませんでした。
※グラベルロードの走行は、あまりオススメ致しません。ただし、ホイールが高剛性であることや耐衝撃性に優れたもの、そして自転車を大事に扱おうと思ってくれるオーナー様の心があれば走行可能です。
完成車の初期ホイールのままですと、リムの破損の可能性がございます。

そんなこんなでルーベを一言で言うと、
「とてつもなく衝撃の角を丸くしてくれる戦闘機」です。

そんなROUBAIXですが、ただいまROUBAIX COMPを店頭にて展示中です!


SBCUの事だったり自転車の話だったりと、スペシャライズドに関して話したいことが沢山あります。
そして、受講修了証も頂いたので、
IMG_5672.jpg
ぜひぜひ私にいろいろと直接聞いていただけたらなと思っておりますので、皆様ぜひよろしくお願いいたします。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://lottimoday.blog.fc2.com/tb.php/244-527d8043

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する